OT(作業療法)

     Occupational Therapy(作業療法)

子どもたちの『仕事』であるあそびをつかって、体や手の発達、日常生活活動(食事や着替えなど)の獲得と向上をお手伝いしています。

また、”一緒に楽しくあそぶ”ことで人の気持ちを共有・共感すること、自分から新しいあそびへチャレンジすることへ繋げていきます。

主に、自閉症、軽度発達障がい、知的障がい、脳性麻痺、重度心身障がいなどが対象になります。

そのほかに、運動や手先が不器用、人やおもちゃと上手くあそべない、こだわりが強い、落ち着きがない、文字を書く・本を読むことが苦手なお子さんに対して、医師の指示のもと、検査・助言・作業療法を行っています。

ブランコを使って、揺れる刺激の受け入れを促しています。さらに、様々な感覚(触覚、筋肉・関節から入る刺激等)をプラスして「体の地図 (自分の体の大きさ、長さ、幅など)」を作っていきます。

形が違うブランコに乗ったり、ホワイトボードにつけた吸盤を蹴る遊びを通じて「物に合わせて体を使う」「道具を使って遊ぶ」といった体の 使い方と遊びの発達を促します。さらにセラピストとの戦いごっこなどを通じて「他者と一緒に楽しむ経験」を積み重ねています。

コインを入れる、支柱に積木を入れる遊びを行っています。狙いを定めて手を伸ばすことや物の握り、放し、つまみなど、基本的な手の使い方 の発達を促しています。

     日常生活活動

食事・着替え・排泄・入浴など、身の周り動作の自立に向けた支援を行います。
また、介助の仕方・場面の設定など、お子さんの生活に合ったアドバイスを行っています。

     身体運動

日常生活活動、あそび・余暇活動に必要な運動機能(首のすわり・お座り、立つ、歩くなど)の発達を促します。
物に合わせた体の使い方や道具を使った運動(ボール・縄跳びなど)の獲得に向けての支援も行っています。

     上肢機能(手の機能)

肩・肘を含めた手の機能(体を支える・つかむ・はなすなど)の発達を促します。
また、日常生活に必要な指先の細かな動き・両手を使う動作・道具の操作などの獲得に向けて支援を行っています。

     感覚面

運動を行う上で必要となる触覚、揺れる感覚、筋肉・関節が動く感覚の受け取りを調節しながら「自分の体を意識して運動することができる」を目指した支援を行います。
また、これらの刺激を調節することで見ること、聞くこと、学習することへ繋げていきます。

     認知、学習面

学習の基礎(色、形、数、大きさ、方向などの認識する)能力を高める関わりを行っていきます。
必要に応じて、教科学習を取り入れていきます。

     対人、行動面

様々なあそびや余暇活動を通じて、心の安定や忍耐力をつけること、人と関わる力をつけていきます。

一覧に戻る